医療機関・福祉施設の経営を総合的に支援するコンサルティング・グループ

創立50周年記念 お問い合わせ
  • 文字の大きさ
  • 標準

セミナー開催報告

人事セミナー「障害福祉サービス事業 人財定着の3つの秘訣」

セミナー開催報告2017.08.03

 7月28日(金)、弊社主催にて経営コンサルティング部門の3名により「障害福祉サービス事業 人財定着の3つの秘訣」と題し、障害福祉サービス事業者の方々を対象としたセミナーを開催致しました。酷暑にも関わらず、12名の経営者・管理者の方々が参加されました。

 本セミナーでは、人財確保と定着がますます厳しさを増す中、本年4月に新たに要件が追加された「処遇改善加算」の本来的意義から必要な対応についての解説をはじめとして、障害福祉サービス事業に携わる職員の定着に向け、「3つの秘訣」として、望まれる人事マネジメント、職場環境のあり方、やりがいを創出するサービス改善について、それぞれの講師から解説を行いました。

13:30 第1部「障害福祉サービスに求められるトータル人事制度とは」~キャリアパスを有効活用したトータル人事制度~

講師:経営コンサルティング部門 人事コンサルティング部 課長 久保田義徳

 事業の中長期的な安定を支える人事制度として、キャリアパスを軸に給与制度と考課制度の整合を図ることにより公正性を向上させるトータル人事制度の骨格について解説しました。また、トータル人事制度への見直し実践事例として、人事諸制度のアウトプット(キャリアパス、等級基準書、人事考課表 他)や「キャリアパス策定手順書」、「中途採用職員の前歴換算ルール変更事例」、「自己診断用・キャリアパス現状可視化シート」を参加者特典として提供させて頂きました。

 受講者からは、「キャリアパス見直しに大変参考になった。」、「キャリアパス活用の重要性が良く理解できた。」等のご意見を頂きました。

講師:経営コンサルティング部門 人事コンサルティング部 課長 久保田義徳

15:10 第2部「人財定着のための労務・職場環境整備」

講師:経営コンサルティング部門 人事コンサルティング部 山田 護之

 障害福祉サービスの要であり、今後ますます高い専門性を要求される職員をいかに定着させ、育てるかは、大変重要なテーマです。前半は「これから始める定着戦略」と題し、雇用情勢の最新動向や定着戦略に必要なポイントを整理し、具体的な施策(新任職員に安心感を・女性の活躍推進を・現状分析からアピールを)を解説しました。後半は「職員と施設を守るメンタルヘルス」と題し、業界で多く見られるメンタル不調、ハラスメントについての考え方を解説したのち、パワーハラスメント対策をクローズアップし、紹介しました。

 受講者からは、「最新の資料・データが詳しく出されていてすばらしい」、「職場環境整備に役立てたい」等のご意見を頂きました。

 

講師:経営コンサルティング部門 人事コンサルティング部 山田 護之

16:20 第3部「職員のやる気につなげるサービス改善に向け」

講師:経営コンサルティング部門 福祉経営コンサルティング部 主任 新井 結花

 福祉サービス第三者評価制度は、組織運営、利用者満足度などを客観的に捉え各事業所の良い点、改善点を明確にしてサービスの質向上への取り組みを促進していく制度です。セミナーでは、実際に「良い点」として講評された事例を紹介しました。また、職員が利用者支援にあたり、当たり前のように実施してきたことが実は工夫の賜物であったなど、評価の受審により第三者の視点で評価を受けることで職員の取り組みを後押しすることや、「やる気」向上に有効であることを解説しました。

 受講者からは、「前向きに取り入れて行こうと思います。」、「第三者評価を受けてみたくなった。」等のご意見を頂きました。

講師:経営コンサルティング部門 福祉経営コンサルティング部 主任 新井 結花

 

■セミナー内容についてのご相談は弊社までお問い合わせ下さい。■

㈱川原経営総合センター

経営コンサルティング部門

TEL:03-5422-7147

Copyright © 2017 Kawahara Business Management Group. All Rights Reserved.