医療機関・福祉施設の経営を総合的に支援するコンサルティング・グループ

創立50周年記念 お問い合わせ
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • HOME
  • お知らせ一覧
  • 弊社代表 川原丈貴が第60回全日本病院学会 全日病委員会(医業経営・税制委員会)企画「どうなる!!病院消費税」にて講演いたしました

お知らせ

弊社代表 川原丈貴が第60回全日本病院学会 全日病委員会(医業経営・税制委員会)企画「どうなる!!病院消費税」にて講演いたしました

お知らせ2018.10.12

 東京・台場で開催された第60回全日本病院学会において、消費税をテーマとした「どうなる!!病院消費税」シンポジウムが公益社団法人全日本病院協会の医業経営・税制委員会により企画されました。川原は同医業経営・税制委員会の特別委員を務めております。

<プログラム・演者(敬称略)>

 座長:中村 康彦(公益社団法人全日本病院協会 副会長

          医療法人社団愛友会 上尾中央総合病院 理事長

          医業経営・税制委員会 委員長)

 演者:樋口 俊宏(厚生労働省 保険局 保険医療企画調査室長)

    伊藤 伸一(社会医療法人大雄会 理事長

          一般社団法人日本医療法人協会 会長代行)

    川原 丈貴(医業経営・税制委員会 特別委員

          株式会社川原経営総合センター 代表取締役社長)

 

 川原は「税理士の立場から見た控除対象外消費税」と題して講演し、消費税8%への引き上げ時の対応として行われた2016年診療報酬改定における補填について、補填のばらつきが起きざるを得なかった原因を、マクロ・ミクロレベルの構造上の問題や入院基本料別の補填状況などを示しつつ解説しました。

 また、2019年10月の増税時に適用される軽減税率が中小事業者の経理事務負担になると想定されることから、自動仕分を行えるように2023年に導入予定のインボイスに、国がQRコードを記載するよう提案いたしました。

 

 

© Kawahara Business Management Group.