医療機関・福祉施設の経営を総合的に支援するコンサルティング・グループ

創立50周年記念 お問い合わせ
  • 文字の大きさ
  • 標準

セミナー開催報告

病院機能評価<3rdG:Ver.2.0> 更新受審解説セミナー

セミナー開催報告2019.10.21

病院機能評価の更新を控えている病院を対象に、医療従事者の資格を持つコンサルタントが実例を交えて解説しました。

 

第1部「審査に対する準備」、第2部「1領域、4領域の面接調査の対応」

講師:病院コンサルティング部 中村 匡志(作業療法士)

 第1部では、病院機能評価受審に向けた準備について、書類関係を中心に解説しました。本セミナーでは、病院機能評価を更新する病院を対象としておりましたが、機能評価に初めて携わる方も受講されており、書類を準備する際に苦労する点などを実例等を交えながら紹介しました。
 第2部では、面接調査(1領域・4領域・事務)について、各評価項目でのポイントをチェックリストを用いながら、直近の受審病院での指摘事項や好事例を交えて説明しました。

第3部「ケアプロセスと部署訪問、パラメディカル領域の対応」、第4部「評価項目における傾向」

講師:病院コンサルティング部 課長 布施 修一(薬剤師)
 第3部では、ケアプロセス・2領域・3領域を中心に解説しました。病院機能評価の従来までの視点、3rdG:Ver2.0で特に強化された視点を踏まえながら、医師、看護師、パラメディカル部門のそれぞれで注意すべき点やポイント、病院として取り組みが必要な事項を整理しました。
 第4部では、日本医療機能評価機構がまとめている「病院機能評価データブック」について、評価の傾向や注意すべき評価項目等を説明しました。特にデータブックでB評価が多く、3rdG:ver2.0 受審病院で指摘を受けやすい項目について、傾向が生じている理由を含めて対策を説明しました。

 

 

■セミナー内容についてのご相談は弊社までお問い合わせ下さい■

病院コンサルティング部

TEL:03-5422-7953

 

© Kawahara Business Management Group.