医療機関・福祉施設の経営を総合的に支援するコンサルティング・グループ

創立50周年記念 お問い合わせ
  • 文字の大きさ
  • 標準

セミナー開催報告

病院機能評価 更新への近道!!~改定のポイントと本番で求められる対応~

セミナー開催報告2018.12.21

2018年12月14日(金)、「病院機能評価 更新への近道!!~改定のポイントと本番で求められる対応~」と題し、病院機能評価更新を検討している医療機関の病院長、看護部長、事務長、経営企画担当者の方々を対象とした病院機能評価<3rdG:Ver.2.0>解説セミナーを開催しました。

 

第一部 審査基準、コメディカル領域の解説

講師:病院コンサルティング部 中村 匡志

 病院機能評価の審査準備とコメディカル領域の解説、具体的な対策を説明しました。審査準備については、病棟選択と症例選択を機構が一部実施するなど、病院機能評価の改定に伴う変更点を中心に説明しました。コメディカル領域については、医療安全やプライバシー、教育といった共通項目のポイントとあわせて、各領域特有の確認事項のポイントをお話ししました。

 

第二部 1領域、4領域での面接調査の解説と対策

講師:病院コンサルティング部 大友 利昭

 1領域・4領域面接調査と事務領域の面接調査について、面接時によく確認される事項など、各項目におけるポイントを説明しました。面接で確認された点は、実際の運用について、部署訪問や診療録の確認時に改めて確認されるため、院内での一貫した回答の共有が必要となることなどをお話ししました。

 

第三部 本審査で求められる対応(ケアプロセスと部署訪問)

講師:病院コンサルティング部 副部長 長岡 秀和

 本審査でのケアプロセスと部署訪問における重要なポイントを説明しました。ケアプロセスについては、外来診察から入院決定、診療、退院といった流れを時系列や具体例を交えて説明し、病院機能評価で「何が」評価されているのかを解説しました。

 参加者からは「本審査当日の共通のポイントをご説明いただき、本審査のイメージがつきました。」などのお声をいただきました。

■セミナー内容についてのご相談は弊社までお問い合わせ下さい■

㈱川原経営総合センター

病院コンサルティング部

TEL:03-5422-7953

© Kawahara Business Management Group.