医療機関・福祉施設の経営を総合的に支援するコンサルティング・グループ

創立50周年記念 お問い合わせ
  • 文字の大きさ
  • 標準

ブログ

保育所経営ブログ

Vol.36「業務改善に取り組もう⑥」

2018.11.01

今回からは、いよいよ業務改善に向けた改善策を考えていきます。

よい改善策を考えていくために心掛けることはただ一つ、

「やわらか頭」になる、ことだけです。

いつも、子どもたちに自由で創造的な場面を作ることで、

新しい発見や成長を育んでいる保育士の皆さんなら、

柔軟に物事を考えることなんてたやすいこと・・・と思いがちですが、

「これまでと違うことをして何かあったらどうしよう。」

「こんなアイデアはとても実現できない。」

と、思った以上に考えは先に進まないものです。

業務改善を阻むもの

 

やわらか頭の対になるのは

「かちかち頭」です。

例をご紹介します。

 

ついこんな風に考えてしまいがちな方は、

かちかち頭になっている可能性があります。

こうした考えのもとではなかなか改善は進みません。

 

 

 

 

 

 

やわらか頭になるためのポイント

良い改善ができるかどうかは、良いアイデアがどのくらい出せるかにかかっています。

これまでのルールや常識、慣例に捉われず、

自由な発想で考えることができるよう、頭を切り替えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

次回は、改善策が出やすくなる手法をご紹介していきます。

「やわらか頭」になる準備を整えて、

ぜひ読んでくださいね!

 

 

 

 

 

久保田真紀

◆ 神林 佑介 プロフィール ◆
2012年入社。保育園、そして老人ホームで働いた後、オーストラリアへ留学。帰国後、会計や経営コンサルティングの仕事は未経験ながら、コンサルという仕事への憧れ、そしてホームで働いた現場経験を活かせるのではないかという想いをもって、この世界へ飛び込んだ。以来、介護・福祉施設の経営コンサルタントとして主に法人開設支援などを行なっている。
© Kawahara Business Management Group.