医療機関・福祉施設の経営を総合的に支援するコンサルティング・グループ

創立50周年記念 お問い合わせ
  • 文字の大きさ
  • 標準

セミナー開催報告

施設基準管理と適時調査・個別指導の重点対策

セミナー開催報告2018.12.20

 2018年12月13日(木)、「施設基準管理と適時調査・個別指導の重点対策」と題し、病院長、事務長、医事課長、施設基準管理担当者などの皆様を対象としたセミナーを開催しました。

 

第一部 施設基準の日常管理と適時調査対策

講師:病院コンサルティング部 鈴木 嘉高

 適時調査対策について、日常管理が特に重要となる内容を中心に、施設基準の三つの要素(人的、施設的、実績的)を基に説明しました。今回は、医業収入の中心となる入院基本料に関わる内容を取り上げました。実際に指摘された具体例を示しながら、適時調査の調査視点と対策のポイントについてお話しました。

 

第二部 個別指導にも対応!必ずおさえたいチェックポイント

講師:病院コンサルティング部 副部長 長岡 秀和

 

 適時調査・個別指導対策について、監査部門の設置、診療録担当者の対策などを中心に説明しました。適時調査・個別指導・監査などは、法令順守や診療録の適切な記載が重要となります。今回は、病院での届出数の多い入退院支援加算、患者サポート体制充実加算などのポイントと管理運営のヒントについてお話ししました。

 参加者からは、「日常管理の重要性を改めて確認することができました。」などのお声をいただきました。

© Kawahara Business Management Group.