医療機関・福祉施設の経営を総合的に支援するコンサルティング・グループ

創立50周年記念 お問い合わせ
  • 文字の大きさ
  • 標準

セミナー開催報告

働き方改革への対応と人事制度構築セミナー

セミナー開催報告2018.09.21

2018年9月6日(木)、7日(金)に川原経営総合センター 鳥取銀行共催にて介護事業所向け「働き方改革への対応と人事制度構築セミナー」を鳥取県内で開催し、(6日は鳥取会場(鳥取銀行本店)、7日は米子会場(鳥取銀行米子営業部))延べ34名の介護事業、医療機関経営者が参加されました。

第一部では「優れた介護人材が定着する人事制度のポイント」と題し、人事コンサルティング部 薄井 和人が登壇しました。介護業界で求められている人材育成・定着を人事制度内でどのように実現させるか、当社の支援事例をもとにご紹介しました。必ずしも管理職としてのキャリアアップを望んでいるわけではなく、現場での成長、サービス提供を重要視する人材も多く、それぞれの価値観に合った、選択できるキャリアパスの重要性を訴えました。

第二部では「働き方改革への対応方法と介護経営における労務管理のポイント」と題し、人事コンサルティング部 川口 子葉が登壇しました。今年の6月に成立した「働き方改革関連法」の中から、介護業界へ影響の大きい①時間外労働の上限規制と②年次有給休暇の取得義務化について、改正内容とそれに伴う実務的な対応方法をご説明しました。また近年急速に増加する訪問系サービスにおける労働時間管理、当直時における労働時間の判断基準などを現場の実態に即した形でご紹介しました。

セミナー終了後は、会場ごとに個別経営相談会を実施し、人事制度設計時のポイントや法改正への対応方法についてご相談いただきました。 

参加者からは、「介護特有の価値観を人事制度でどのように実現させていくか、ポイントが明らかになった」、「法改正への対応について法人内で早めに対応すべきと感じた」などのご意見をいただきました。

 

第一部講師:人事コンサルティング部 薄井 和人(社会保険労務士)

 

 

 

 

第二部講師:人事コンサルティング部 川口 子葉

© Kawahara Business Management Group.