Career Message 08

会計業務1部
課長(税理士)

野田 智成

2011年入社。乗馬インストラクターを経て、乗馬関係の仕事で起業。 その後、簿記の勉強にはまったのがきっかけで税理士を目指し、小さな会計事務所に勤めながら資格を取得。川原経営の門を叩いたのは、税務会計のみならず経営をトータルサポートできる立場で活躍できる!ここでならきっとさらなる成長を果たせる!と思ったから。クリニック担当を経て、現在は開業支援から事業承継サポートまで、幅広くお客様の要望に応える立場で活躍している。

会計業務を軸としながらも自らが窓口となり、
すべてのサービスをワンストプで提供する。

My Work

現在の仕事

 現在は、介護・福祉事業も手がける大手病院グループも担当に加わり、会計業務を軸として、「開業支援」から「法人化サポート」、「グループ展開への拡大戦略フォロー」、そして「事業承継・相続対策」「M&A」まで、自らが窓口となり幅広く関わる機会が増えています。お客様のあらゆる相談に乗り、確実にニーズを捉え、社内の各専門部署とも連携を取りながら、お客様の経営課題を川原経営としてワンストップで解決するアプローチを行っています。

 会計業務においては、経営者とがっぷり四つに向き合い、課題一つひとつを確実に解決へと導くのが私のスタイルです。大切なのはいかなる課題に対しても“自分ごと”として関わること。そして会計のプロとしての最大限の力を発揮して、ご満足いただけるソリューションを提供することです。このスタイルを貫いていると、自ずとお客様との信頼関係が深まり、経営戦略に関わる様々な助言を求められるようになってくるのですが、この様な信頼関係を築けることこそがこの仕事のやりがいだと思います。

 この段階になると、当社の様々なサービスコンテンツを活用してもらえるチャンスも一気に増えてきます。サービス提供のなかで各専門部門との連携機会が増えると自らも税務会計以外の経験を積める機会が増えますし、その経験がさらなる信頼関係構築につながって行くのを実感しています。

Question&Answer

一問一答

独自のポリシー・スタイルは?
お客様のニーズを察知し、そのニーズ以上のものを提供して、いかに最高の満足へと導くか・・・そのシナリオを速やかに描き、何事も「自分ごと」として関わり、最も効率的な方法での遂行を目指すのが私のポリシーです。そしてお客様に「野田さんに来てもらえて良かった。」と言って頂けることが最高の喜びです。
仕事の醍醐味は?
経営の安定、経営の改革を主導する仕事です。我々には常に大きな期待が寄せられます。そしてその期待に応えられた時には、感謝されます。感謝の言葉をいただく度に、この仕事を選んで良かった!と心から思います。
印象に残るエピソードは?
ご病気で倒れられた、ある70歳の院長先生からの相談を受けました。そこで私は「事業承継」について、様々な選択肢を用意して、複合提案しました。幸い院長先生はご病気を克服されたのですが、私の提案が受け入れられ、次の代に経営権を譲ることに。まさに人間ドラマの渦中に身を置き、様々な人間模様を踏まえて、私がキーマンとなり、最善の解決へと導くことができた忘れられないケースです。

My Special

こだわりのアイテム

「スマートフォン」

スケジュール管理も情報収集も、このスマホで。
そして息抜きのためのゲームアプリも、この一台に集約。私にとっては万能かつ愛着の端末です。

My Career Vision

私の夢・目標

 当面は、経験を積んで、自分の中の引き出しを増やすことが先決です。その上で、次のステージへと進みたい。できるなら、10年先も20年先も川原経営が医療・福祉の領域で、先頭を走り続けるための礎づくりに加え、新機軸の打ち出しによる先駆的なチャレンジにも自らのアイデアで貢献できたら、と考えています。例えば現在トライしている「会計業務効率化」。フィンテック導入による革新的な業務改革を川原経営の強力なサービスコンテンツの一つにできたら、と考えています。

Appeal Point

川原経営グループの魅力を語る!

 社員同士の距離が近く、オンでもオフでも充実の時間を過ごそう!という意識が全社に浸透しています。オンでは最強のチームを組んで動き、一方、オフでも旅行やゴルフコンペ、マラソンチャレンジ、ボランティア活動など、アクティブなイベント企画が盛りだくさん。仕事も遊びも、趣味もライフワークも、人生そのものを欲張って生きる人々の集まり、それが川原経営グループです。


川原経営には、
あなたの才能を磨き育み活かす
フィールドがあります。