医療機関・福祉施設の経営を総合的に支援するコンサルティング・グループ

創立50周年記念 お問い合わせ
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • HOME
  • お知らせ一覧
  • 第28回日本外来小児科学会年次集会にて、人事コンサルティング部 薄井和人が講演しました

お知らせ

第28回日本外来小児科学会年次集会にて、人事コンサルティング部 薄井和人が講演しました

お知らせ2018.08.29

プログラム

2018年8月24日(金)前夜セミナー1【クリニックにおける労務管理】

座長:まえはら小児科 前原 幸治 先生

講師:人事コンサルティング部 社会保険労務士 薄井 和人

講演内容

 平成30年6月に成立した働き方改革関連法からクリニック経営に影響の大きいポイントとして【長時間労働の是正】、【割増賃金の見直し】、【年次有給休暇の確実な取得】について、改正内容と対応方法を、講師のご支援事例をもとに説明しました。

 長時間労働は、職場慣行や個々人の就業意識が影響しているため、対策を立てても具体的な成果が出るまでに時間を要します。早めに対策することが重要です。また、年次有給休暇は、全体の取得率を向上させるだけではなく個々人の取得率に着目すべきと訴えました。職員の権利意識も高まっている中で、一つひとつの法改正へ丁寧に対応し、「正しい知識で正しい管理」をすることが求められます。

 約80名の方が来場し、質疑応答では学会参加の際の休診の取り扱いやパート職員の有給休暇の取得方法など具体的なご質問をいただきました。

© Kawahara Business Management Group.