医療機関・福祉施設の経営を総合的に支援するコンサルティング・グループ

創立50周年記念 お問い合わせ
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • HOME
  • お知らせ一覧
  • 会計事務所職員が知っておくべき処遇改善加算(高齢・障がい・保育全般・医療機関)への対応

お知らせ

会計事務所職員が知っておくべき処遇改善加算(高齢・障がい・保育全般・医療機関)への対応

お知らせ2018.07.27

 2018年7月26日(木)、MMPG医療・福祉・介護経営研究所主催「福祉経営研究室・研修会」が開催され、MMPG会員である会計事務所職員約20名が参加しました。
 第一講で弊社人事コンサルティング部課長 神林佑介 が登壇し、「会計事務所職員が知っておくべき処遇改善加算(高齢・障がい・保育全般・医療機関)への対応」と題して加算取得の要件や取得のポイントについて事例を基に解説しました。

 第二講では、人事コンサルティング部 薄井和人が「処遇改善に伴う労務実務の留意点」と題して講演しました。処遇改善加算の配分方法の解説では、支給方法別のメリット・デメリットの紹介や、賃金表改定時の対応方法について解説し、実務における法的な留意点を説明しました。

人事コンサルティング部 課長 神林佑介(社会福祉士・保育士)

人事コンサルティング部 薄井和人(社会保険労務士)

 

【お問い合わせ先】 
株式会社川原経営総合センター
人事コンサルティング部
TEL:03-5422-7548

© Kawahara Business Management Group.