医療機関・福祉施設の経営を総合的に支援するコンサルティング・グループ

創立50周年記念 お問い合わせ
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • HOME
  • お知らせ一覧
  • 2018年度診療報酬改定と地域医療構想からみる今後の病院経営戦略 ―入院医療における動向、具体例を交え解説

お知らせ

2018年度診療報酬改定と地域医療構想からみる今後の病院経営戦略 ―入院医療における動向、具体例を交え解説

お知らせ2018.06.19

 2018年6月14日(木)、株式会社横浜銀行主催「医療経営セミナー~これからの地域医療を考える~」が開催されました。
 第一講で神奈川県の地域医療構想について神奈川県ご担当者から解説。第二講で弊社病院コンサルティング部副部長 長岡秀和が登壇し、2018年度診療報酬改定の背景と地域医療構想を踏まえ、「入院医療における動向」「外来医療の機能分化・強化」「在宅・訪問診療」について解説しました。
 「入院医療における動向」の解説では、病床機能見直しの方向性や理想的な病床転換スケジュールなどについて、具体的に急性期、回復期、慢性期の3事例を交え説明しました。
 ご来場者からは「具体的な事例を紹介しながら説明され、非常にわかりやすかった」「経営に直接つながる情報を得られて良かった。また参加したい」などのコメントをいただきました。

病院コンサルティング部副部長 長岡秀和

講演の様子

【お問い合わせ先】
株式会社川原経営総合センター
病院コンサルティング部
TEL:03-5422-7953

© Kawahara Business Management Group.