医療機関・福祉施設の経営を総合的に支援するコンサルティング・グループ

創立50周年記念 お問い合わせ
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • HOME
  • お知らせ一覧
  • 医療法人の経営戦略―地域における役割を果たすとともに、事業承継や自法人・自院の経営資源を踏まえた戦略立案を

お知らせ

医療法人の経営戦略―地域における役割を果たすとともに、事業承継や自法人・自院の経営資源を踏まえた戦略立案を

お知らせ2018.06.19

 2018年6月16日(土)、弊社病院コンサルティング部副部長 佐藤秀也が、一般社団法人日本医療経営学会の夏季セミナー「2018年診療報酬・介護報酬同時改定が病院経営戦略に与える影響」において、パネリストとして参加。「病院経営戦略の観点から」と題し講演いたしました。
 冒頭、同時改定の検証として中林梓先生が講演。パネルディスカッションでは、国際医療福祉大学の高橋泰先生、中林先生とともにパネリストとして佐藤が登壇。20分のパネル発表ののち、ディスカッションに臨みました。

<佐藤の講演内容>
 安定的な病院経営の実現を果たすためには、複合的な経営環境の変化に対応していく必要があります。“地域における役割を果たす”、“人的資源の適切なマネジメント”、“(事業承継も含めた)事業の永続性が担保される経営・運営”の3点が重要です。人的資源管理については、弊社が受託した厚生労働省医政局委託 平成29年度医療施設経営安定化推進事業「医療施設の経営改善に関する調査研究」(→厚生労働省ホームページ)の事例病院で行われた業務分析・改善を取り上げ解説しました。また、医師の働き方改革に関連したディスカッションでは、医師事務スタッフの教育によって医師の負担軽減を果たした事例を紹介しました。

講演する佐藤

【お問い合わせ先】
株式会社川原経営総合センター
病院コンサルティング部
TEL:03-5422-7953

© Kawahara Business Management Group.